« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010.05.25

再販>改良の事例となるかクマー

プレイアーツ改ブログに、ライトニングさんの再販バージョンのサンプルが!
結構ペイントの雰囲気が違う感じですなー。
ピンク過ぎだった口元がちょっと抑え目になった気がします。

ヴァニラと同じく下目蓋にラインが入るみたいですけど、ここは個人的に初版の方が好きかな……。
ともかく、製品版でどうなるかが重要なんですが、まず第一にパーツのエッジや関節部がゆるゆるになるのだけは絶対に避けてくださいとしか……。

初版バージョンのレビューはコチラ@ゆゆん氏

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.19

こんなもんでしょかクマー

Prot02
今日はお休みなので製作作業中。
以前紹介したペンダント風アクセはこんな仕上がりになりました。

パーツの入荷時期にズレがあったせいか、リボンバージョンとチェーンバージョンでフラワーパーツの色味が少し違います(リボン>ややピンク チェーン>ややクリーム)

後はクジャ夫を連れてサンプル撮影だけなんですが、なかなかいい顔で写ってくれません(むー)
毎回棒立ち、座りっぱなしの構図が悪いのもわかっているんですが、余所のディーラーさんみたいに奥行きのあるセットや背景を広げる場所も無いし、困ったものだのう……。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.17

本末転倒じゃあクマー

さて13も無事クリアしたところで、発売前に買い貯めて、事前情報制限で封印しておいた本や雑誌を読もうと思ったら……ワールドプレビューが見つからない!(ガビーソ)

いや、なくしたとか買い逃したとかじゃなくて、この場所になければここだろうなーという見当はついているのだが……封印が厳重すぎて発掘めどい……<そこかい

どうも召喚獣の魔方陣の呪文はあれにしか記載されていないらしいんだよなー。
本文自体はここで読めるけど、やっぱりちゃんと目を通したいお……(´・ω・`)ショボーン

つか、13のアルマニΩは何時出るん? シナリオ編見たけど原画とか原画とか出し渋りすぎやん?>13

追記>
発掘成功しますたw 予想より深い地層に埋まってた……危ない危ない←

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.05.02

てにいれたぞ!クマー

Img_4927

MO☆KO☆MO☆KO
というわけでモコモコミルクソーダもといもぉ~もぉ~ファンタ。お味は普通に乳酸系炭酸飲料。
つか近所だとコレ自販機販売でしか見かけないんだが、千葉辺りのスーパーだと山盛りで特売してるらしい。そんなの見たことないよ!

で、FF13PA改第二段が出荷確認されてる模様なんですけども、いきなりサイズが縮んでファンねえがヴァニラより小さいとかいう噂が!
ライ&スノ&ファンが俺のクリアパーティーメンバーなんだぞ……なにそれすっごい困る……ヽ(´Д`;)/

ヲルバは犠牲になったのだ……アニマェ……←

しかしこれは逆に解釈すれば、今のうちにライトさん買っておでん予約しろとかそういうヴィジョン? 俺の使命、みたいな?<やかましい

| | コメント (0) | トラックバック (0)

アカデミックにアーティスティックにクマー

先月から新しい仕事を始めて忙しいはずなんですが、「GWイヤッホゥ!!」とばかりに遊びまわってます。ダメな大人だぜ……。

先日はall姉とここに、昨日はここに行ってきました。

かはくでは「飛び出せ科学君!」とのコラボで、会場の解説音声及び映像ナレーションがオール大塚明夫!
解説の間、何時オタコンかパラメディックが割り込んでくるかとwktkしてしまった俺ゲーム脳乙。
余りに聞き惚れすぎてしょこたんのクイズ聞き忘れたお……オオゥ

帰りに寄ったホルモン屋さんが適当に選んだ割りに美味しくて、ここでも二人で大満足。
レバ刺しうめぇうめぇ。例えるなら内臓のパンナコッタ。下手に加熱するより全然臭くなかったですよ。

個展はコスモス、カオスのイメージ画の原画が素晴らしかった……氏得意の金泥と水墨マシマシ絵ですよ、はぁー(うっとり)
マリモショートなフリオかわゆすとかー、オニオンがしっかりオニオンだったとかー、ゴル兄さんの後ろにちゃんと黒竜がいたとかー、クジャの後にはヘッジホッグパイならぬボムっこが数匹あしらってあるとかー、やはりでかい版型で見ると色々発見できて楽しいですなあ。
ちなみに、両方とも確か複製版は600k台だったはず……ゴクリ

しかし、何だ。
ビバンのポスターのお持ち帰り時の扱いってマジ困るよね……帰ったら鞄の中でペッタンコとか心が折れるよね……(´・ω・`)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »